yoshi's blog 気ままに行こう!(^_^)

車中泊を中心とした車旅のブログです。

スポンサーリンク

『道の駅ビーナスライン蓼科湖』と『蓼科温泉 小斉の湯』のレポート

f:id:yoshi-1202:20211016080900j:image

昨年、車中泊禁止の道の駅として報告した『道の駅ビーナスライン蓼科湖』が少し緩和したようですのでお盆休みの時期を利用して行って来ましたのでレポートしますヽ(*´∀`)

昨年までキャンピングカー等での宿泊はご遠慮ください!と、ホームページに書かれていましたが、今はキャンピングカーの表記を外して宿泊目的での利用はご遠慮ください!に変わっています。どうも宿泊=車中泊では無いようで、道の駅の機能としてドライバーの仮眠施設としては認められていて、仮眠=車中泊、宿泊=キャンプ的に駐車場スペースに椅子やテーブルを出しての宿泊を指している感じがしました。(個人の感覚ですが…)

ですから今回、また来てみた次第です。

f:id:yoshi-1202:20211016081214j:image

道の駅ビーナスライン蓼科湖

標高1250mにある道の駅です。

住所:長野県茅野市北山4035番地2906

電話:0266-67-2222

駐車場:108台

令和2年7月17日オープンした新しい道の駅です。

標高が100m高くなると0.6℃気温が下がると言われています。30℃の気温だとマイナス7.5℃でここでは22.5℃と快適に過ごせる場所だと思います。

自分のお気に入りの駐車場所は一番奥の湖畔に近い未舗装の場所です。↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20211016091956j:image

ここは右側には店舗がありますが、確認した所店舗の敷地では無くて道の駅の敷地でした。

f:id:yoshi-1202:20211016092114j:image

この場所は日陰もあり、比較的平坦で車中泊するには良い場所だと思います。

しかし、トイレまでは遠いです。

f:id:yoshi-1202:20211016092300j:image

↑↑↑この現在地が未舗装の部分で、通常の舗装された駐車場を渡って端まで歩く必要があります。トイレが近い方が良い方はお勧め出来ません…(笑)

また敷地内には『グリル蓼科』で弁当を購入してキャンカーで食べました。

f:id:yoshi-1202:20211016093223j:image

f:id:yoshi-1202:20211016093318j:image

信州ポーク弁当(1,400円)。ちょっと肉が硬かったですが、味付けは和風焼肉ダレのような感じで美味しく頂きました。
f:id:yoshi-1202:20211016093321j:image

スポンサーリンク
 

さて、温泉ですが約1kmの場所に風情のある温泉宿『小斉(こさい)の湯』に行ってきました。温泉宿と言っても今は営業しておらず日帰り入浴のみの営業です。

f:id:yoshi-1202:20211017071837j:image

昔の温泉宿の雰囲気はそのままです。

ホームページを見ると8:00〜20:00の営業ですが、実際には9:00〜21:00の営業でした。

f:id:yoshi-1202:20211017072402j:image

蓼科温泉 小斉の湯】

住所:茅野市北山蓼科4035

電話:0266-67-2121

営業時間:9:00〜21:00(受付は20:00まで)

定休日:無休

入浴料:大人700円、小人400円

f:id:yoshi-1202:20211017073407j:image

いくつかの露天風呂と内湯があります。

【温泉データー】

f:id:yoshi-1202:20211017073759j:image

源泉は62.6度もあるようです。内風呂が物凄く熱かったです。草津かと思った(・・?)…(笑)

では案内しますね‼︎

一階のフロントで入浴料を払い二階へ

f:id:yoshi-1202:20211017074211j:image

まずは内湯へ[岩風呂]

f:id:yoshi-1202:20211017074304j:image
f:id:yoshi-1202:20211017074301j:image

次に行ったのが露天風呂[岩間の湯]

f:id:yoshi-1202:20211017074616j:image
f:id:yoshi-1202:20211017074612j:image

更に奥にある露天風呂[見晴しの湯]

f:id:yoshi-1202:20211017074748j:image
f:id:yoshi-1202:20211017074751j:image

ここは秋、冬にも来てみたいと思う温泉です。

ただし夏は虫と混浴になりますので覚悟が必要かと…(笑)

f:id:yoshi-1202:20211017074953j:image

更に女性の場合は[見晴しの湯]より奥に[雲海の湯]もっと奥には[森林浴の湯]があるようで羨ましい限りです。

ここは温泉好きには堪らない場所だと思います。

『道の駅ビーナスライン蓼科湖』と『蓼科温泉 小斉の湯』のレポートでした。

 

スポンサーリンク
 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

『RVパーク ゆーとろん水神の湯』利用レポート(^^)

f:id:yoshi-1202:20211003132322j:image

8月お盆の時期にいくつかのRVパークと道の駅を回って来ましたのレポートをさせて頂きます。

最初の訪問は『RVパークゆーとろん水神の湯』です。ここは100%源泉掛け流しの日帰り温泉施設のRVパークです。

長野県諏訪郡富士見町富士見9547

0266-62-8080

※中央道「諏訪南IC」から車で約7分

[利用料金]

通常の車、キャンピングカー:2,000円/1台(トレラー含む)

7m以上の区画の場合:1,000円プラス

専用のドッグラン付き区画の場合:1,000円プラス

[利用可能台数]7台

[チェックイン]15:00〜19:00

[チェックアウト]〜12:00

[ゴミ処理]可能、一回500円

[電源]500円

比較的小さい車両の場合のRVパーク場所↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20211003134444j:image

キャブコンクラスの場所↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20211003134609j:image

スポンサーリンク
 

トイレは日帰り温泉施設が営業中は施設のトイレを使いますが、施設の営業時間外は専用のトイレがありますので、そちらを使います。

f:id:yoshi-1202:20211003134853j:image

チェックイン時に専用キーを貸し出してくれます。
f:id:yoshi-1202:20211003134855j:image

トイレは新しく綺麗でしたので安心です。
f:id:yoshi-1202:20211003134858j:image

【美肌温泉 ゆーとろん水神の湯】

f:id:yoshi-1202:20211003135202j:image

清潔感のある施設で中々良い温泉です。

また、チェックイン時に人数分の日帰り温泉の入浴料を払うと当日は何回でも入れると言う特典付きも魅力的だと思います。(RVパーク利用者として首から下げる証明書みたいな物を提示すると何回も利用出来ます。)

入浴料:大人900円、子供:700円、シルバー(70才以上):500円。

f:id:yoshi-1202:20211003141109j:image

8種の露天風呂、100%天然かけ流し、ph10.3のアルカリ性「単純硫黄泉」。
f:id:yoshi-1202:20211003141106j:image

風呂の数が多くて楽しめるのが良いです。

f:id:yoshi-1202:20211003141424p:image

やっぱり温泉併設のRVパークは風呂好きにはたまりませんね・・・(笑)

 

スポンサーリンク
 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

昇仙峡観光( ´ ▽ ` )ノ

f:id:yoshi-1202:20211002082038j:image

7月23日(金)スポーツの日『RVパーク さくらリゾート』で前泊して朝から昇仙峡観光に行って来ましたので記事をアップします。

まずは昇仙峡とは?

日本遺産に認定された山梨県甲府市にある渓谷で日本有数の景勝地です。

ここは観光で訪れるとロープウェイに乗って展望台から絶景が見れたり、渓谷内を散歩程度で歩けたり、はたまた本格的にウォーキング出来たりします。

秋の紅葉時期は激混みだと思いますが、時期を外して観光に来ました。

最初に『昇仙峡ロープウェイ』に行ってみました。

ロープウェイ乗り場の前には専用の駐車場がありましたが、朝10時過ぎの時点で満車Σ(・□・;)、ただし誘導の方がいて隣にある郵便局の駐車場に停めてください!との事を助かりました。

f:id:yoshi-1202:20211002094651j:image

【昇仙峡ロープウェイ】

山梨県甲府市猪狩町441

TEL:055-287-2111 

[運賃]

大人(中学生以上):往復1,300円

小人(小学生以下4才まで)※3才以下は無料:往復650円

[ロープウェイ運行時刻]

4/1〜11/30:上り始発(9:00)・上り終発(17:10)・下り終発(17:30)

12/1〜3/31上り始発(9:00)・上り終発(16:10)・下り終発(16:30)

f:id:yoshi-1202:20211003112510j:image

運賃を払ってロープウェイ乗り場へ…。

f:id:yoshi-1202:20211003112554j:image

では早速乗り込みます!

f:id:yoshi-1202:20211003112750j:image

パノラマ台駅を目指して出発です。

f:id:yoshi-1202:20211003113108j:image
途中で上から降りて来るロープウェイとすれ違いました。

f:id:yoshi-1202:20211003113345j:image

パノラマ台駅が見えて来ました。

f:id:yoshi-1202:20211003113429j:image

到着しました。

f:id:yoshi-1202:20211003113519j:image
f:id:yoshi-1202:20211003113514j:image

ここでは展望台に行ってみる事にします。 

f:id:yoshi-1202:20211003113945j:image

f:id:yoshi-1202:20211003114026j:image

展望台からの景色を見た後はロープウェイで下界に戻りました。

駐車している車まで戻ってみるとすぐ近くに水晶宝石博物館があるので車を駐車したまま見学する事にしました。

f:id:yoshi-1202:20211003114344j:image

昇仙峡は水晶の産地としても有名なようです。無料ですし入ってみる事にします。

f:id:yoshi-1202:20211003115054j:image
f:id:yoshi-1202:20211003115058j:image
f:id:yoshi-1202:20211003115048j:image

目の保養になりますよね…(笑)

f:id:yoshi-1202:20211003115324j:image

水晶博物館を出てから昇仙峡散歩をする為に移動を開始します。

スポンサーリンク
 

昇仙峡のマップです。↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20211003123259p:image

これを全て歩くのは大変そうなので誰でも楽に散歩程度で登り坂が無くて良いモデルコースを案内します( ´ ▽ ` )ノ

地図の真ん中の下に県営駐車場があります。

f:id:yoshi-1202:20211003123605p:image

ここまで車で行き、県営駐車場に駐車します。

そうすると③の場所から乗合バスが出ているのです。

f:id:yoshi-1202:20211003123834p:image

「さわらび」と言うお土産屋さんの前から昇仙峡渓谷オムニバスと言うバスです。

このバスは『影絵の森美術館』の駐車場まで運んでくれます。

1人300円です。

f:id:yoshi-1202:20211003124316j:image

f:id:yoshi-1202:20211003131320p:image

そうすると仙娥滝から石門を通る遊歩道が歩けて県営駐車場へ戻れます。

全て下り坂か下りの階段ですので誰でも散歩できると思います。

これ、中々良いですよ…‼️

折角『影絵の森美術館』に来たので見学して行きました。

f:id:yoshi-1202:20211003124802j:image

中は撮影禁止ですがホームページより…。

f:id:yoshi-1202:20211003125108p:image

世界的な影絵の巨匠藤城清治氏の影絵の原画を中心に、大正ロマンの代名詞竹久夢二氏の作品の他山下清氏の作品を展示しています。

ここは折角来たのですから見学すると良いと思います。良かったです。

【影絵の森美術館

山梨県甲府市高成町1035-2

055-287-2511

開館時間:9:00〜17:00(年中無休)

入館料:一般:900円、中高生600円、小学生500円、園児300円

f:id:yoshi-1202:20211003125923j:image

それでは遊歩道に入ります。

スポンサーリンク
 

まず最初に出て来るのが仙娥滝。

f:id:yoshi-1202:20211003130600j:image

すぐに石門。

f:id:yoshi-1202:20211003130805j:image
f:id:yoshi-1202:20211003130815j:image

昇仙峡らしい景観…↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20211003131057j:image
f:id:yoshi-1202:20211003131100j:image

浮石ってどれだ⁇⁇  これかな?↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20211003131220j:image
f:id:yoshi-1202:20211003131215j:image
f:id:yoshi-1202:20211003131223j:image

などなど、のんびり歩いて昇仙峡を楽しむ事が出来ます。

どうです?

是非、昇仙峡に行かれる時は参考になれば幸いです。

では、今回もありがとうございましたm(_ _)m

 

スポンサーリンク
 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

『RVパークサクラリゾート 』利用レポート(^^)

f:id:yoshi-1202:20210923080812j:image

7月22日(木)海の日の祝日に『RVパークサクラリゾート』に行って来ましたのでレポートします( ´ ▽ ` )ノ

f:id:yoshi-1202:20210923081603j:image

場所は中央高速「韮崎」I.Cから8km (約15分)の場所に有ります。

f:id:yoshi-1202:20210923155201j:image

住所:山梨県甲斐市亀沢6949

電話番号:055-260-3100

利用金額:一泊3,000円/1台(トレーラー含む)

【利用可能台数】5台

電源:1,000円

そうです。一泊電源込みで4,000円は一人利用としては少し高めです。しかし家族での利用でしたら人数に関係なく車両台数の金額ですからさほど高くは無いかもしれません。これで真夏でも電源確保してエアコン稼働で車内は快適で車中泊も問題有りません。

f:id:yoshi-1202:20210925164658j:image

そして殆どのRVパークではオーニングは許可して頂けますが、下がアスファルトが多くペグ打ちが出来ない為に今回はオーニングを固定する為にマルチウエイト(注水式)を購入して使用しました。ほんとは皆さんに安かったので案内しようと思ってたのですが、Amazonで購入した後、同じ商品が無くなってしまいました。

一応、参考に似た商品を案内します。

f:id:yoshi-1202:20210925164927p:image

 

多分、4個もいらないと思いますので他商品をよく調べて購入される事をお勧めします(^^)

スポンサーリンク
 

さてRVパークサクラリゾートのレポートを続行しますが、ここは珍しく焚き火台を使用すれば焚き火もバーベキューも大丈夫だそうです。

トイレはウォシュレット付のトイレで下の建物内にあります↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20210925180130j:image

水場もしっかりあり、まるでキャンプ場に近い使い方が出来ます!
f:id:yoshi-1202:20210925180126j:image

f:id:yoshi-1202:20210925180357j:image

と、良い事を書きましたが実はここはオーナーが変わり中国人のオーナー(従業員も全て…。)になっていて、我々が思うおもてなしの心は期待出来ないと思います。感じの良い中国人夫婦(多分オーナー夫妻だと思います)が一緒懸命にやってくれていたのがわかるので2度と行きたく無いとは思いませんでしが、笑ってしまうような事もありました。

それが風呂‼️

さくらリゾート内にあり大人500円、子供300円ですが、15:00〜22:00とうたっていますが実際には準備が出来て入浴可能になったのが18:00頃でした。

f:id:yoshi-1202:20210925182903j:image

洗い場は少し下水の匂いがしてしっかり掃除がいき届いていないようでした。
f:id:yoshi-1202:20210925182906j:image

三つある湯船は真ん中だけしかお湯を入れていないので残念です。左側には何故かドラム缶が…(笑)

湯船に入ってびっくり、水風呂?水に近いお湯⁇・・・入ると寒くなる風呂でしたΣ(・□・;)
f:id:yoshi-1202:20210925182908j:image

まぁ、ここには風呂に入ってから来た方が良いかもしれません…(笑)

ただし自然環境は申し分無く、また標高も高いらしく夜は涼しくて過ごし易いと思います。

また、感じの良い中国人夫婦は至って適当でチェックインも15時からと記載がありますが、昼過ぎに行っても入れてくれたと言う方がいられました。

キャンプ場的に使い、入浴はシャワーだけと割り切れば、結構使える施設かもと思いました。

まぁ、個人的な見解ですから各自自己責任でご利用ください…(笑)

翌日はここを起点に昇仙峡観光をしましたので次回はそちらをレポートします。(o^^o)

 

スポンサーリンク
 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

『一の戸川橋梁』と『RVパーク道の駅猪苗代』車中泊編

f:id:yoshi-1202:20210911105826j:image

ついにSLと一の戸川橋梁の写真を撮る事が出来ました( ´ ▽ ` )ノ

雨の中の撮影でしたが、なんとか撮れて嬉しかったです!

7月10日(土)、飯豊川橋梁を見学後に一の戸川橋梁へ。

最寄りの駅は『山都駅』です。(車で数分で凄く近いです。)

f:id:yoshi-1202:20210911122426j:image

今回の位置でSLの写真を撮るには『山都駅』から『喜多方駅』方面に向かう12:50発、『一の戸川橋梁』は12:53頃通過のSLしか無いのです。それも土曜日、日曜日、祝日のみの運行になります。

f:id:yoshi-1202:20210911122818j:image

因みに『一の戸川橋梁』をナビで目指す場合は、山都郵便局が良いと思います。電話番号:0241-38-2940 です。

f:id:yoshi-1202:20210911153657j:image

JR磐越西線山都駅喜多方駅の間に流れる一の戸川にかかる鉄橋です。地元では「山都の鉄橋」とも呼ばれているそうです。

開通したのは明治43(1910)年。全長445m、高さ24mで、当時は東洋一の規模だったようです。コロナ渦で無ければ期間限定で夜間ライトアップも実施しているようで、いつかはライトアップの写真も撮りに来たいと思ってしまいました。

『一の戸川橋梁』を見学後は猪苗代に向かいます。途中、会津で『大江戸温泉物語 あいづ』で入浴をしました。

(写真を撮り忘れましてホームページよりイメージ画像…)

f:id:yoshi-1202:20210911155349j:image

住所:福島県会津若松市神指町北四合東神指77-1

電話番号:0242-22-0600

【日帰り入浴】

営業時間

6:00~9:00 (最終入場 8:00)

10:00~23:00(最終入場 22:00)

料金

大人:560円

小学生:320円

3歳以上小学生未満:120円

3歳未満:無料

源泉名:神指(こうざし)温泉
泉質:ナトリウムー塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、きりきず、冷え性、痔疾、病後回復期、疲労回復、健康増進など

こちらの施設は清潔感があり、露天風呂もあり中々楽しめる温泉でした。

スポンサーリンク
 

入浴後は『RVパーク 道の駅猪苗代』へ!

f:id:yoshi-1202:20210911171022j:image

所在地:福島県耶麻郡猪苗代町大字堅田字五百苅1番地

電話番号:0242-36-7676

【利用料金】

1泊 2,030円/1台(トレーラー含む)
【利用可能台数】5台
【利用可能車両サイズ】4m×6mまで

電源は利用料金に含まれいます。(安い‼️)

更にゴミ処理も無料で対応頂けます…(^^)

温泉施設が併設されて無いですが、めちゃくちゃ親切ですよね!!

【チェックイン】

チェックインは道の駅の営業時間内に行く必要があります。

10:00〜17:00

道の駅の事務所で手続きします。

f:id:yoshi-1202:20210911171553j:image

こんなカードをダッシュボードに掲げて車中泊をしました。

良い事ばかりでは無くて、RVパークの駐車位置が外れの為にトイレまで行くのが遠いのが難点だと思います。自分は夜は車内で済ませますので問題は無いですが、トイレを設置していない車両は少し不便かもしれません。

道の駅ではこんなパンフレットが置いてありました↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20210911174214j:image

どうやら猪苗代は温泉が町内16エリアあるようで湯めぐりが楽しめるようですね‼️

f:id:yoshi-1202:20210911174328j:image

ただ残念なのはコロナ渦で日帰り入浴を中止している施設があるようです(要確認)

コロナが落ち着いたらまたこちらのRVパークで車中泊をしてゆっくり湯めぐりも良いと思いました。( ´ ▽ ` )ノ

 

スポンサーリンク
 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

『飯豊川橋梁』と『東赤谷連続隧道』へ行って来ました( ´ ▽ ` )ノ

f:id:yoshi-1202:20210911092545j:image

7月10日(土)、やひこRVパークを後にして行って来ました!

f:id:yoshi-1202:20210911092758j:image

前回は4月30日に来たのですが、通行止めになっていましたが、今回は大丈夫でした↓↓↓

f:id:yoshi-1202:20210911093005j:image

ただし前回同様に雨でしたが…(笑)

ここをから車をしばらく走らせると『東赤谷連続隧道』が出て来ます。

f:id:yoshi-1202:20210911093451j:image

この『東赤谷連続隧道』を4つ抜けると『飯豊川橋梁』が出て来ます。

この隧道、なんとなく感じませんか⁉️

廃線となった軌道跡に残されたスノーシェッドなんです。天井には蒸気機関車の吐いた黒い煤跡が残っていてみる事が出来ます。

f:id:yoshi-1202:20210911093749j:image

隧道を抜けると深い緑の中に突然現れる錆びた鉄骨の橋梁が『飯豊川橋梁』です。

スポンサーリンク
 

f:id:yoshi-1202:20210911094631j:image

赤谷は明治時代から鉄山で栄え、昭和には日鉄鉱業の経営で鉄、亜鉛、鉛鉱が産出された場所だそうです。

最盛期には集落に数百人もの職員とその家族が暮らし、人々は毎日飯豊川の橋を渡って鉱山に出勤したそうです。

すぐ脇には鉄鉱石を運ぶ専用鉄道が走りトラスト鉄橋を行き来していた場所です。

現在は深い緑の中に地図にも乗っていないトラスト鉄橋の残骸があるだけです。

特に保護もされていないのでタウシュベツ川橋梁と同様にいずれ姿を消す運命だと思いながら見て来ました( ´ ▽ ` )ノ

最後にナビに入れた住所をお知らせします。

この住所だと手前3kmくらいの地点を表記されると思いますので、間違い無く行けるはずです。

新潟県新発田市東赤谷6046-7】

姿を消してしまう前に行けるようでしたら、どうぞ…。

但し、冬季は通行止めになるようです。

解除は5月の連休明けくらいだと思います。

詳しくは新発田市観光協会へお問い合わせされる事をお勧めします。

電話番号:0254-26-6789

 

スポンサーリンク
 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

『やひこRVパーク』利用レポート

f:id:yoshi-1202:20210829065834j:image

7月9日(金)、休暇を取って『やひこRVパーク』に行って来ました。

ここは、新潟県弥彦村にある 弥彦桜井郷温泉 「さくらの湯」 の駐車場の一角にあるRVパークです。

f:id:yoshi-1202:20210829070318j:image

この日は残念ながら雨でしたが、温泉と車中泊を楽しんで来ました。

f:id:yoshi-1202:20210829070940j:image

f:id:yoshi-1202:20210829073845j:image

『やひこRVパーク』

住所:新潟県西蒲原郡弥彦村麓1970

電話:0256-94-1126

予約受付:9:00〜21:00

1泊2000円/1台(トレーラー含む)

※電源込みの料金です。
【利用可能台数】9台
4m×6m 6区画
3.5m×16m 3区画

チェックイン:13:00〜20:00

チェックアウト:〜11:00

ゴミ回収:ごみ袋300円(2枚)

f:id:yoshi-1202:20210829072540j:image

かなり大きな駐車場の一角がRVパークになっています。
f:id:yoshi-1202:20210829072546j:image

天気が良ければ外に椅子を出して寛ぐ事も出来ます。

f:id:yoshi-1202:20210829073127j:image

駐車場には真新しいトイレがありRVパーク利用者専用になっています。(鍵を貸し出して頂き利用します。)

f:id:yoshi-1202:20210829073422j:image

トイレも綺麗で清潔感がありました。

f:id:yoshi-1202:20210829073515j:image

ウォシュレット付き↓↓↓
f:id:yoshi-1202:20210829073519j:image
f:id:yoshi-1202:20210829073522j:image

また、建物には専用の水場があります。

f:id:yoshi-1202:20210829073653p:image

ゴミ出しも場もこの建物にあります。

f:id:yoshi-1202:20210829073748j:image

また、FreeWi-Fiもあり、トイレ外壁にRVパーク利用者用にWi-Fiアンテナが設置されていてサービスが凄く良い施設だと思います。

スポンサーリンク
 

では『さくらの湯』の案内です。

f:id:yoshi-1202:20210829074624j:image

入浴館料:大人1,000円(中学生以上)、子供570円(3歳から小学生)

平日のみですが、17:00以降に入館しますと、夜間割引があり、大人600円、子供370円で入り事が出来て車中泊にはリーズナブルで良いです。

この日は金曜日でしたので以下のセットがあり楽しむ事が出来ます。

《夕飯付入館セット¥1,200》
 毎週金曜日 17:00~
平日夜間入浴とお食事がセットになったお得なプランです!
(お食事は週変わりで3種類の中からお選びいただけます)

f:id:yoshi-1202:20210829075552j:image

温泉は源泉掛け流しで大きな露天風呂が特徴です。

泉質はナトリウム-カルシウム-塩化物泉
(低張性 アルカリ性 高温泉)で源泉温度は43.2℃です。

RVパークとしては一級の施設だと思います。

是非、新潟県弥彦村近くに行かれる事が有れば利用をお勧めします。

 

スポンサーリンク
 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

スポンサーリンク