yoshi's blog 気ままに行こう!(^_^)

車中泊を中心とした車旅のブログです。

スポンサーリンク

明日香村への旅(⌒▽⌒)

f:id:yoshi-1202:20190512142119j:image

昨年の旅の思い出からですが紹介させて頂きます。

2018年6月22日(金)がスーパープレミアムフライデーとして会社が全休でした。

それに伴い2018年6月21日(木)の仕事が終わってから夜に自宅を出発して明日香村観光を6/22にして来ました。

その後、6月23日(土)は高野山の中腹辺りに別荘を持つキャンカー仲間から誘って頂き仲間達と飲み会(車中泊キャンプ)をして来ました。

途中のSAで仮眠を取りながら朝には明日香村へ‼️

6月22日(金)の最初の場所は『安居院(飛鳥寺)』へ

f:id:yoshi-1202:20190512143438j:image

f:id:yoshi-1202:20190512143616j:image

6世紀末から7世紀初めに蘇我馬子の発願で建てられた日本最古の本格的仏教寺院だそうです。
創建時の伽藍は失われ、塔や金堂の礎石だけが残っています。

f:id:yoshi-1202:20190512143646j:image
本尊の銅造釈迦如来坐像は重要文化財で、「飛鳥大仏」の通称で親しまれています。

 

次に向かったのが『石舞台古墳

f:id:yoshi-1202:20190512144156j:image

ここは蘇我馬子の墓とされる説が有力らしい場所です。

石舞台と呼ぶのは女に化けたキツネが舞台の上で舞ったという伝説かららしいと言われています。

f:id:yoshi-1202:20190512144318j:image

舞台の内部に入れます。舞台になっている天井石は77トンもあり、隙間があったりして落ちてきそうな気がして背中がゾクゾクしました…(笑)

f:id:yoshi-1202:20190512144903j:image

f:id:yoshi-1202:20190512145053j:image
f:id:yoshi-1202:20190512145058j:image

 

次に向かったのが『奈良県立万葉文化館』

f:id:yoshi-1202:20190512145306j:image
f:id:yoshi-1202:20190512145310j:image

万葉集」を中心とした日本の古代文化の魅力を,日本画等を展示して分かりやすく紹介している施設です。

駐車場、入館料とも無料で綺麗で素晴らしい施設だと思います。

f:id:yoshi-1202:20190512145528j:image
f:id:yoshi-1202:20190512145532j:image

 

次に向かったのが『奈良文化財研究所飛鳥資料館』

f:id:yoshi-1202:20190512145941j:image

飛鳥から発掘された遺物が展示されており,歴史や文化が学べます。

館内は,飛鳥の宮,寺,石造物,古墳,高松塚古墳,万葉の6コーナーに分かれていて、川原寺復元模型や高松塚古墳出土品,須弥山,酒船石の導水石などを展示しています。

f:id:yoshi-1202:20190512150057j:image
f:id:yoshi-1202:20190512150101j:image

 

次に向かったのが『高松塚古墳

f:id:yoshi-1202:20190512150652j:image

昭和47年,石槨内部から鮮やかな壁画が発見され一躍有名になった所です。7~8世紀初めの古墳終末期の築造と推定され,内部正面北壁に玄武,東西の壁中央に青竜と白虎,それをはさんで4人ずつ計16人の男女の群像,また天井には星宿図が極彩色で描かれています。すでに盗掘されていた石槨から,海獣葡萄鏡や刀剣金具をはじめ人骨も出土しました。これらからおよそ40~60歳の長身の男性で,皇族か有力な貴族と推測されますが被葬者名は明らかではないそうです。

 

次に向かったのが『高松塚壁画館』

f:id:yoshi-1202:20190512151129j:image

高松塚古墳の隣に,閉じられた壁画を一般に紹介するために建てられました。館内には,正確な模写壁画があります。また,遺物の海獣葡萄鏡や太刀,副葬品の模造品や石榔の模型なども展示されています。

 

次に向かったのが『キトラ古墳

f:id:yoshi-1202:20190512152054j:image

高松塚古墳の南に位置する二段築成の小さな円墳で,高松塚古墳とほぼ同大同型の石室があります。天文図と四神像(玄武、白虎、青龍、朱雀)、十二支像が描かれています。

f:id:yoshi-1202:20190512152232j:image

 

そして最後に『キトラ古墳壁画体験館 四神の館』

f:id:yoshi-1202:20190512152411j:image

キトラ古墳壁画体験館 四神の館」は、キトラ古墳キトラ古墳壁画についてわかりやすく楽しく学べる体感型の施設です。
実物大のキトラ古墳の石室や壁画の精巧なレプリカ、4面マルチビジョンによる壁画の映像、飛鳥時代の生活をあらわしたジオラマ、シアターなどによる解説を楽しむことができます。
この施設も無料にて時間をかけて見学出来るなら尚良いと思います。

スポンサーリンク
 

今回は明日香村には正味6時間くらいしか滞在出来なかったので主要な場所しか見学が出来ませんでした。

時間が有ればまだまだ行きたい場所が満載な明日香村ですが、友人達から早く来いコールが有り今回は早めに移動を開始しました。

集合場所は『道の駅紀の川万葉の里』へ前日より集合して近くの居酒屋で飲んでから車中泊して翌日は友人達とダラダラしながら午後には高野山の中腹辺りにある友人所有の別荘、通称「山小屋」と言われている場所に移動してプチオフ会をしました。

若干1名が潰れたのを良い事に大仏の被り物を被せて記念写真を・・・(^_^;)

f:id:yoshi-1202:20190512153622j:image

さて今年はどこでどんな時間を過ごすのでしょうか⁉️・・・(笑)

また、こちらで報告しますm(_ _)m

 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

またまた『キャンプ』に行って来ました‼️

f:id:yoshi-1202:20190519180856j:image

5月17日(金)プレミアムフライデーから夕方には西湖湖畔の『福住キャンプ場』に5月19日(日)の午前中まで楽しんで来ました( ´ ▽ ` )ノ

西湖の夜はまだかなり冷えますので焚火をしました。

f:id:yoshi-1202:20190519181114j:image

薪は来る途中で薪販売中とか書いてある看板を見ますので適当に途中で買って『福住キャンプ場』に入りました。

福住キャンプ場の隣には日帰り温泉施設の『いずみの湯』が有りそこでも薪は買う事も出来ますが少し高めなので行く途中で買えるならその方が良いと思います。

既に友人達も到着していました。 

因みに自分が使っている焚火台はコンパクトでいつも車に入れていて便利なアイテムです。

ロゴスのMタイプで友人達の中では小さい方の焚火台ですが安価で使いやすく良い焚火台だと思います。  

ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI M 81064163

ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI M 81064163

 

次にここ『福住キャンプ場』は湖畔サイトで眺めも良くてお勧めのキャンプ場なんですが、傾斜がきつくて『レベラー』と言われいる便利なアイテムが無いと車中泊キャンプはかなり辛いかと思います。

f:id:yoshi-1202:20190519184230j:image

 これは殆どの車に対応していて5トンまでOKですのでこちらを使用しています。

三段階カースロープ

三段階カースロープ

 

西湖の夜はムード満点

f:id:yoshi-1202:20190519184301j:image

f:id:yoshi-1202:20190519184429j:image

と言っても女性は0名で野郎のみの車中泊キャンプでした…(笑)

↓ 子供1名+野郎

f:id:yoshi-1202:20190519184917j:image

スポンサーリンク
 

そして日中は定番のピザを焼いたり・・・

f:id:yoshi-1202:20190519185023j:image

カヤックをやったり・・・

f:id:yoshi-1202:20190519185118j:image
f:id:yoshi-1202:20190519185114j:image

湖から見るサイトの写真・・・

f:id:yoshi-1202:20190519185210j:image

supをやってる友人もいました。

f:id:yoshi-1202:20190519185527j:image

自分はまだなれて無いので多分落ちると思い、今回は水がかなり冷たかったのでやらなかったのです…(笑)

そして西湖の湖上にはsupをやる腹が出ている『ショッカー』が現れました…(爆笑)

f:id:yoshi-1202:20190519190030j:image

遊び過ぎなくらい遊んでしまいましたが今回は自分が持っている『焚火台』と『レベラー』を紹介させて頂きましたm(_ _)m

f:id:yoshi-1202:20190519190434j:image

ありがとうございます(^O^)/

 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

絶景『大谷資料館』へ(^^)

5月4日(土)

f:id:yoshi-1202:20190512084834j:image

朝、オフ会会場の猪苗代湖を後にして自宅に向かいます。が‼️、渋滞に合うと思い宇都宮辺りで1泊して日曜日の5/5早朝に帰ろうと思い、そうなれば最近『絶景』と言うワードの雑誌に宇都宮の『大谷資料館』が良く載ってるので行ってみよう!と考えて向かいました!!

神秘的な巨大地下空間があるそうで是非この目で見てみたいと思います。

場所は東北自動車道の宇都宮ICから約8kmの地点です。

駐車場はかなり広く無料でした。

f:id:yoshi-1202:20190512083417j:image

5月の連休中で人も多かったのですが、駐車場に入る為に待つような事も無くスムーズに入場出来ましたので、もしかしたら穴場⁉️かもしれません(笑)

f:id:yoshi-1202:20190512083709j:image

駐車場に車を止めて歩きます。
f:id:yoshi-1202:20190512083706j:image
入り口と書かれた建物が見えて来ました。
f:id:yoshi-1202:20190512083702j:image
f:id:yoshi-1202:20190512083655j:image

入場料は大人800円でした。

では中に入ります。

f:id:yoshi-1202:20190512083923j:image

最初に目に飛び込んで来たのがこれ ↓ なんじゃこれ⁉️

f:id:yoshi-1202:20190512084401j:image

巨大な地下神殿のような景観の場所は、大谷石の地下採掘場跡です。

広さは約2万平方メートル(140m×150m)、深さは平均30mあり最深の部分では約60mもあるそうです。

f:id:yoshi-1202:20190512085749j:image

また、江戸時代中期頃から昭和34年頃までは手掘りで行なっていたとの事でさぞかし大変だったのじゃないかと思います。

f:id:yoshi-1202:20190512090110j:image

尚、この地下採掘場跡は平均気温が8℃前後だそうで1枚羽織るものを持参した方が良いと思います。

f:id:yoshi-1202:20190512090557j:image

またこの施設を利用したプロモーションビデオ撮影が行われいるようで、長渕剛TM NETWORKLUNA SEAX JAPANGLAY工藤静香、DA-PUMP、B’Z野猿、鳥谷ひとみ、東京事変、SID、水樹奈々JUJU with JAY’ED、Takamiy(高見沢俊彦)、三代目J Soul Brothers東方神起などのPV撮影地として利用されています。

f:id:yoshi-1202:20190512092101j:image

更に古くは1981年の映画「セーラー服と機関銃」の撮影やウルトラマン仮面ライダーなどの撮影、2015年映画「暗殺教師」などの数々の撮影にも使われた場所としても有名なようです。

地下採掘場跡の見学が終わって地上に戻ると隣には資料展示室が有ります。

f:id:yoshi-1202:20190512115614j:image

中は大勢の人達でごった返していました。

f:id:yoshi-1202:20190512115751j:image

出入り口横にはこんなのも有りました。

f:id:yoshi-1202:20190512115853j:image
f:id:yoshi-1202:20190512115849j:image

今回は寄りませんでしたが、周りには大谷石むき出しの岩肌や垂直に切り立つ岩壁が連なる大谷景観公園があり、国の名勝にも指定されています。

また、自然の岩壁に掘られた高さ27mの平和観音や日本最古の磨崖仏、天然の洞窟の中にすっぽりと包まれた大谷寺などが有ります。

自分も行きたかったのですが、体調不良で残念ながら諦めて本日の車中泊場所に早めに行って休む方を取りました…(^◇^;)

スポンサーリンク
 

さて、車中泊場所を選ぶに辺り入浴施設が併設されているか、近い場所にある道の駅を探してみると、栃木県芳賀郡芳賀町に『道の駅はが』が有りました。

ここは『芳賀温泉ロマンの湯』を併設していて良さそうですので行ってみる事にしました。

f:id:yoshi-1202:20190512121753j:image

思ったより混んで無くて穴場⁉️かなっと思ってしまいます。

f:id:yoshi-1202:20190512121947j:image

実際、かなり良い穴場だと思いました。

f:id:yoshi-1202:20190512122045j:image

夕方早めに入浴を済ませてしまおうと『芳賀温泉ロマンの湯』へ、連休の為の特別時間延長…

有難い事ですよね…

f:id:yoshi-1202:20190512122538j:image
館内のレストランのメニューも豊富で中々良い施設ですよね〜(^^)
f:id:yoshi-1202:20190512122531j:image

風呂も源泉が2本有り魅力的温泉ですね…。

f:id:yoshi-1202:20190512123020j:image

と、言う訳で入浴後は早めに就寝して翌日、5月5日(日)の早朝に出発して自宅に帰りました。

4月26日(金)夜に始まった車旅は9泊10日で幕を閉じました。

今回の走行距離は1,730kmで思ったより走らなかったと思いました。

途中、2泊はオフ会で走らずに猪苗代湖湖畔に滞在してたからだと思います。

お付き合いありがとうございましたm(_ _)m

 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

猪苗代湖で仲間とキャンプ( ^ω^ )

5月2日(木)〜4日(土)の二泊三日の仲間達と猪苗代湖でキャンプをして来ました。

f:id:yoshi-1202:20190510110913j:image

こんな感じで皆さんキャンプと言っても全員が車中泊…(笑)

猪苗代湖周辺は無料のキャンプ場がいくつも存在していて大勢でも対応可能な場所があり楽しめます。

今回の参加者の集合写真ですが、顔はモザイク処理をさせて頂きました。

f:id:yoshi-1202:20190510111833j:image

今回はキャンプネタである物を紹介します。

それは『pizza釜』

f:id:yoshi-1202:20190510112211j:image

これ、本物の陶器で出来ていて家庭用のガスコンロ専用として売り出しています。アウトドアでは2バーナーで使用してピザを焼いています。

かなり高温になりますのでパリパリに焼けてとても美味しいピザが焼けますのでお勧めします。

このピザ釜はカセットガスなどのコンロで使うのは危険です。輻射熱でカセットガスが爆発する可能性が有ります。

f:id:yoshi-1202:20190511110047j:image

2バーナーを使う理由が輻射熱でガスカートリッジが熱を持つような危険が無いからです。

写真を見てわかるように陶器のピザ釜が高温になっても直接ガスカートリッジには影響無いのがわかりますよね‼️

f:id:yoshi-1202:20190511110339j:image

後、ピザ釜を全周覆う金属は友人が作ってくれた物です。

f:id:yoshi-1202:20190511110543j:image

ピザ釜は口が開いてますので熱が逃げないようにと、作ってくれました。

f:id:yoshi-1202:20190511110655j:image

焼いたピザを乗せて使うピザボードはお洒落な感じの物を使ってます。

f:id:yoshi-1202:20190511110857j:image

本格 石窯 ピザオーブン 【 ピッツェリア 】 ピザ焼き窯 耐熱陶器製

本格 石窯 ピザオーブン 【 ピッツェリア 】 ピザ焼き窯 耐熱陶器製

  • 出版社/メーカー: ごはん鍋のプロショップ 【オリジナル研磨仕上げ】
  • メディア: ホーム&キッチン
  • 購入: 2人 クリック: 36回
  • この商品を含むブログを見る
 

スポンサーリンク
 

今回のキャンプではもう一品を…(笑)

f:id:yoshi-1202:20190511111056j:image

おでん❤️

f:id:yoshi-1202:20190511111502j:image

これも『おでん鍋』をちょいと本格的な鍋にするだけでおでん屋さんになり、キャンプでは子供達に人気の商品になってました(笑)

だんらん ステンレス製 木蓋 付 角型 おでん鍋 28×24cm 仕切板付 H-4827

だんらん ステンレス製 木蓋 付 角型 おでん鍋 28×24cm 仕切板付 H-4827

 

と言う訳でキャンプでは食材はスーパーで出来ているピザやおでんを仕入れて焼く茹でるだけですが、ちょいと本格的な物を使うだけで絵になり味も不思議、メチャうまーい💖と、なるので便利なアイテムだと思いました…(笑)

皆さんも試してみてください!(^^)/

 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

狐の嫁入り╰(*´︶`*)╯♡

5月1日(水)

f:id:yoshi-1202:20190506105302j:image

令和元年、おめでとうございます㊗️

早速ですが、朝『道の駅国上』を出発して新潟県東蒲原郡阿賀町津川にある『狐の嫁入り屋敷』に向かいます。

昔から行ってみたい場所でした。

本当はオフ会に参加せずに毎年5月3日に行われる『つがわ狐の嫁入り行列』と言うお祭りも見たかったのですが、仲間とのお付き合いも大事なんで諦めて屋敷の見学だけにしました。

狐の嫁入り屋敷』の駐車場は止めれる台数が少ない為に少し離れた駐車場になる場合も有ります。

f:id:yoshi-1202:20190506110839j:image

たまたま自分は施設に隣接する駐車場に止める事が出来たので良かったです。

f:id:yoshi-1202:20190506111014j:image

ここ『狐の嫁入り屋敷』の入館料は無料です。

f:id:yoshi-1202:20190506111204j:image

f:id:yoshi-1202:20190506111701j:image

中に入ると受付が有ります。

f:id:yoshi-1202:20190506111754j:image

正面に蔵の入口のような扉が見えます。

f:id:yoshi-1202:20190506115238j:image

ここは映像を観れる場所になっていて内容としては津川の「狐火伝説」を紹介しています。

■映像展示蔵

大人       :200円

中高校生:150円

小学生    :100円

所要時間:18分

f:id:yoshi-1202:20190506112602j:image

また、館内にはミニチュアで狐の嫁入り行列を再現しているコーナーもありました。

f:id:yoshi-1202:20190506114809j:image
f:id:yoshi-1202:20190506114804j:image
f:id:yoshi-1202:20190506114816j:image

スポンサーリンク
 

庭にも狐が…(笑)

f:id:yoshi-1202:20190506115142j:image

屋敷の庭から見る景色は素敵❤️

f:id:yoshi-1202:20190506115418j:image

目の前に見える川は阿賀野川で、山は麒麟山。

この麒麟山に地元の民が狐火を見えたと言う話を聞きます。

随分前に『狐の嫁入り行列』を知り、『狐の嫁入り屋敷』が存在する事も知って行きたかったのですが、中々チャンスに恵まれず今回訪問出来た事は大変感動しました。

来て良かったです。( ˘ ㅂ ˘ ♡)キュン❣❣

さて、明日からの猪苗代湖オフ会への参加の為に近場で車中泊をしようと『道の駅喜多の郷』へ、この道の駅も日帰り温泉施設『蔵の湯』を併設していてお気に入りの道の駅です。(でも道の駅から猪苗代湖までは約50分くらいです。)

f:id:yoshi-1202:20190506121144j:image

この日は早めに道の駅に着いて入浴してゆっくり休んで英気を養いました( ´ ▽ ` )ノ

 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

能登半島を後にして…( ^ω^ )

4月30日(火)は富山県氷見市へ向かいました。

f:id:yoshi-1202:20190504160104j:image

目的は『氷見昭和館』へ

平成から令和へ時が移ろうとしてる時に昭和時代へタイムスリップしたくなり行って来ました。

f:id:yoshi-1202:20190504161421j:image

よく各地にある昭和館と言われる施設はどちらかと言うと昔の家や店、通りなどを再現している施設が多いですが、むしろここは昭和時代の商品を陳列して見せてくれている施設みたいです。

まぁ、中には昔の生活シーンを再現してる場所も有りますから必ずしも当たってはいないかと…

f:id:yoshi-1202:20190504161822j:image

また食堂の雰囲気を出しているコーナーも…^ ^

f:id:yoshi-1202:20190504161938j:image

更にショーケースにはオーナーのコレクションがずらり…

f:id:yoshi-1202:20190504162130j:image

懐かしいポストと自転車!!
f:id:yoshi-1202:20190504162120j:image

昔のテレビ放送…
f:id:yoshi-1202:20190504162125j:image

懐かしい昭和時代の雰囲気を感じてから道の駅氷見へ‼️

f:id:yoshi-1202:20190506083959j:image

ここはいつ来ても激混みの道の駅ですよね〜‼️

道の駅を中心に公園や足湯、日帰り温泉施設も完備、家族で一日中楽しる道の駅だと思います。

f:id:yoshi-1202:20190506084722j:image

道の駅氷見の中心になる施設が『ひみ番屋街』

f:id:yoshi-1202:20190506085105j:image

この中には「お食事処」「鮮魚・干物」「物販・みやげ」などの店が約30店舗程あり休日は物凄い人で賑わってるようです。

自分はこの中で牛の握りを買って食べました(^O^)

f:id:yoshi-1202:20190504162308j:image

最高に美味しくて2パックを買って食べてしまいました…(笑)

スポンサーリンク
 

さて、この後の計画ですが5/2-4まで猪苗代湖で仲間達とオフ会があり参加するので本日は移動日として考え、明日5/1は新潟県東蒲原郡阿賀町に行きたいので近くまで行って車中泊をしようと思います。

調べた結果、温泉施設が併設されていて車中泊に良さそうな道の駅が見つかりました。

f:id:yoshi-1202:20190506090216j:image

『道の駅国上』、ここを目指して移動を開始します。

夕方無事に着いて見渡すと思った程車中泊の車で混んでないなぁ〜と思いました。

f:id:yoshi-1202:20190506091903j:image

道の駅に併設されている温泉施設「ふれあいパーク てまりの湯」へ

f:id:yoshi-1202:20190506091723j:image

温泉施設も良い感じでしたし、この道の駅は穴場かもしれません。

ただし、道の駅の駐車場は傾斜が少しキツイ感じでした。

道の駅の横にも駐車場があり、そちらは傾斜もキツく無くで車中泊に適した場所です。隣の駐車場をお勧めします。

自分もそちら側に止めて車中泊をしました。

f:id:yoshi-1202:20190506091547j:image

今日は移動中心の日になりましたが、今晩車中泊して明日朝を迎えると令和になっているんですね〜(≧∀≦)

 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

能登半島周辺の旅③

4月29日(月)の早朝、『道の駅すずなり』にて

f:id:yoshi-1202:20190430104305j:image

キャンカーはFFヒーターで適温に調整してるから快適ですが、外は4.2℃ってかなり寒いですよね‼️

前日も早朝の気温が−0.2℃だったのでこの地方は朝晩の冷え込みがきつい地域だと思いました。

『道の駅すずなり』を出発して向かう先は『道の駅 輪島』へ

f:id:yoshi-1202:20190430122717j:image

ここも臨時駐車場しか空いてなかったです。

f:id:yoshi-1202:20190430105046j:image
f:id:yoshi-1202:20190430105041j:image

街の中心にあるのか、凄く大きな施設で周りにも商店街がある道の駅でした。

また昔は鉄道駅だったようで、その頃を保存してると思われる場所も有りました。

f:id:yoshi-1202:20190430105341j:image
f:id:yoshi-1202:20190430105351j:image
f:id:yoshi-1202:20190430105346j:image

ここで情報を仕入れてから移動開始しました。

まずは『輪島キリコ会館』へ

f:id:yoshi-1202:20190430105648j:image
f:id:yoshi-1202:20190430105644j:image

能登半島でいくつかのお祭りがあり、そこに登場するキリコを総じてキリコ祭りと言うようです。

特定の祭りの事では無い事がわかりました。

また、キリコとは巨大な切子灯籠の事を言っているとわかりました。

実は昔のキリコの方が大きく、現代のキリコは電線の影響から小ぶりなキリコになったようです。

f:id:yoshi-1202:20190430110328j:image
能登国と書いてあるキリコが最大のキリコと説明を受けました。

全高15m  全幅4.6m  

裏側から撮った写真 ↓

f:id:yoshi-1202:20190430110812j:image

3階に行くと展望台になってます。

そこにも変わった展示物が…

f:id:yoshi-1202:20190430110921j:image
f:id:yoshi-1202:20190430110925j:image

眼下に自分のキャンカーを見る事も出来ました。

f:id:yoshi-1202:20190430111103j:image

次に向かったのが、輪島市黒島地区!!

ここはその昔、天領徳川幕府直轄領)として大いに栄えた地区だったようです。

特に北前船で栄えたとの事でした。

北前船資料館』と『旧角海家住宅』の両方を見学しました。

尚、気をつけたいのが『北前船資料館』は普段から鍵がかかっていて『旧角海家住宅』に最初行って鍵を開けてもらい見学してください。

多分、地元のボランティアがガイドについてくれると思います。

f:id:yoshi-1202:20190430111949j:image

北前船資料館』は撮影禁止でしたので写真は有りませんが、中では北前船に関する資料や天領祭で使われる曳山が展示されたりしていました。

『旧角海家住宅』

f:id:yoshi-1202:20190430112307j:image
f:id:yoshi-1202:20190430112313j:image

ここは黒島地区最大の北前船の廻船問屋住宅で、漁業や金融業でも活躍した角海家の収蔵品が展示されていたりして見応えのある場所でした。

f:id:yoshi-1202:20190430112711j:image

スポンサーリンク
 

次に向かったのが『巖門(がんもん)』

日本海に面した景勝地能登金剛」の1つで岸壁に打ち寄せる波の力で穴が開いて高さ15m,幅6m,奥行き60mの大穴が見れる場所です。

f:id:yoshi-1202:20190430113435j:image

駐車場に車を停めて歩いて行きます。

そんなに遠くは無いですが、登り降りが有りますので注意してください。
f:id:yoshi-1202:20190430113441j:image

これですね…

もっと近くまで行きます!
f:id:yoshi-1202:20190430123252j:image
f:id:yoshi-1202:20190430113446j:image

写真を撮っていると遊覧船が…(笑)

f:id:yoshi-1202:20190430113741j:image

f:id:yoshi-1202:20190430114537j:image

③の『巌門』から⑤の『千里浜なぎさドライブウェイ』へ

f:id:yoshi-1202:20190430114301j:image

全長8kmの海岸で日本で唯一、砂浜の上を車で走らせる事が出来る場所です。
f:id:yoshi-1202:20190430114305j:image

この後は『道の駅 のと千里浜』に行って下回りの洗浄をしました。(写真を撮るのを忘れてしまいました(ーー;))

道の駅の駐車場一角で無料で下回りを洗浄出来るコーナーが有りますので是非、利用をお勧めします。

さて、本日の車中泊場所をどうするか⁉️

倶利伽羅 源平の郷』に行く事にしました。ここの道の駅は「倶利伽羅塾 源平の湯」が併設されているので向かう事にしました。

f:id:yoshi-1202:20190430115928j:image
f:id:yoshi-1202:20190430115922j:image

ここの道の駅も地デジもBSも受信出来て携帯も使えて安心の道の駅でした。

f:id:yoshi-1202:20190430120131j:image
f:id:yoshi-1202:20190430120124j:image

併設されている入浴施設の料金も手頃な金額で財布に優しい 場所ですよね…

しかし、シャンプーや石鹸などは無いので持参してくださいね…

自分はいつも持ってましたので特に困りませんでした(^^)

後、連休など人が多く出る日は道の駅が必ず満車になります。

ここの『倶利伽羅 源平の郷』でも夜遅くに着いて停めるスペースが無くて困っていた方々がいたようです。

無理な計画をせずにゆとりを持って行動しないと車中泊場所に苦労する事になりますから、気をつけてくださいね〜( ´ ▽ ` )ノ

 

これで4月29日(月)が終わりました。

まだ続きます…(笑)

 

下ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリックの協力をお願い申し上げます。<m(__)m>

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

スポンサーリンク